内科treatment

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の症状と原因
symptoms and causes

主な症状

仕事・家事の効率が低下することから、日常生活に影響が出てしまう場合があります。

診断と原因

「無呼吸」(10秒以上呼吸が止まっている)
「低呼吸」(呼吸は止まっていないが、とても浅い呼吸)
これらがひと晩で30回以上、もしくは1時間で5回以上みられる場合に診断されます。

首まわりの脂肪が多い、舌が大きい、扁桃が肥大している、寝ている間にのどや舌の奥が下がってしまうことなどで、空気の通り道が塞がってしまうことが原因となります。

気流の閉塞イメージイラスト

睡眠時無呼吸症候群の合併症complications

検査・治療についてexam and treatment

問診・診察にて睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、ご負担が少なくご自宅で行うことが可能な簡易検査を考慮させていただきます。通常の生活の中で、装着して就寝いただくことで検査いたします。簡易検査の結果次第では大きな病院での精密検査をご提案する場合もございます。

皆様の生活スタイルを一緒に考えていきながら、必要な場合は生活習慣病の対応も行っていきます。適切な治療を行うことで症状の改善や睡眠時無呼吸症候群に伴う合併症の予防を目指していきましょう。

内科 一覧